1. HOME
  2. ブログ
  3. 高野参詣道環境保全トレッキング

高野参詣道環境保全トレッキング

和歌山県観光振興課主催
「高野参詣道環境保全トレッキング」に参加してきました!


高野参詣道環境保全トレッキングとは

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されて今年で15周年

紀伊山地は年間を通じて雨が多く、台風被害にも度々見舞われることから、この「道」を良好な状態で後世に伝えていくための参詣道整備「道普請(みちぶしん)」を募集する企画です。

集合場所は?

大阪駅周辺、天王寺駅周辺、京都駅周辺、現地集合から選べます。

参加費は?

無料です。

昼食を用意して欲しい人は事前に申し込みをして当日集合時に支払い。
(昼食とペットボトルのお茶が1本で1,200円~1,300円程度)

どこから申し込むの?

今年はJTBが窓口なので下記サイトから申し込みです。
世界遺産登録15周年・参詣道環境保全トレッキング(外部リンク)

来年以降は委託会社が変わるかもしれないので和歌山県観光振興課も合わせてチェックしてください。
和歌山県観光振興課(外部リンク)

イベント当日

何を持って行った?

貴重品用のポーチ(トイレ休憩でハンカチ・財布・スマホだけ入るサイズ)
ペットボトルの麦茶 2本
バータイプの行動食 2本
塩分タブレット
昼食(おにぎりとパン)
着替え
レインポンチョ
長袖ジャケット
タオル(マフラータオルがおすすめ)
ボールペン(最後にアンケートを書きます)

どんな服装で行った?

帽子
登山用ではなくツバのある帽子(ドンキで購入)

上半身
長袖の吸汗速乾シャツの上に半袖のTシャツ

下半身
吸汗速乾のレギンスの上にハーフパンツ

登山用シューズ
ミズノ製でゴアテックス素材のガチな登山靴を履いて行きました。
スポーツシューズで行った友達が「足首固定されてないのはキツイ」と行っていたので登山靴で行ったほうがいいと思います。

タイムスケジュール

8時 集合
9時30分 トイレ休憩
10時 丹生都比売神社の境内にて出発式
宮司さんから「紀伊山地の霊場と参詣道」の紹介
各班の語り部さん紹介
各班に分かれて準備運動
1班からトレッキングスタート

14時30分 昼食
15時 道普請活動開始
17時45分 バス集合
18時 サービスエリアでお土産購入
20時 解散
(途中の時間はメモしてないのでおよそです)

参詣道の石碑

丹生都比売(にうつひめ)神社から出発
まずは二ツ鳥居を目指し、町石道へ入り120番からゼロ番(壇上伽藍)を目指します!

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング

空海がこの参詣道を拓いた時は3mもあったらしい町石
現在は土に埋まってしまって2m以下のものもありました

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング

道沿いにあったハズが道がズレてしまって参道からちょっと遠い場所に立っていたり自然の力を見ることができます

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング

四十四号の石は一度全部土に埋まってしまっていたらしく新しく作り直したら古いのが出土したので両方並んでいるそうです
(手前が古い四十四号石、奥が新しい四十四号石)

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング

参詣道脇の植物

ユウレイソウ
正式名称はギンリョウソウ(銀竜草)

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング ユウレイタケ

マムシグサ
茎が蝮のような斑柄で、蝮同様毒があるそうです
毒性が強いから絶対に触らないでね~とのこと
道端に何本か生えてました…

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング マムシグサ

道普請(みちぶしん)活動

昼食を食べた後
メインの道普請(みちぶしん)活動です!

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング 道普請

6kgまたは8kgの土嚢をひとり最低1つ
約50メートル登ったところにある整備ポイントまで運びます

男性で8kgを2つも担ぐ猛者まで!

整備ポイントまで行ったら
土嚢の中の土を出して
自分の体重で踏み固めます

世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界遺産の中では非常に珍しいそうで
神社(神道)・寺院(仏教と密教)の3つの宗教が共存した祈りの道

ただ、雨や土砂崩れで参詣道がどんどん削られているらしく地元の方が定期的に手入れもしているし、大掛かりな工事が必要な場合は自衛隊に協力してもらっているけど

もっと多くの人に保全に協力して貰おう!と環境保全トレッキングを年に数回実施しているそうです

今回120名以上参加したそうなので
単純に全員が6kgを運んだとして
7.2tの土が補充されたはず…

参詣道からの景色

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング
和歌山県 高野山 環境保全トレッキング

朝は曇り空でしたが途中から日が差し始め
帰りはとっても綺麗な夕日が…(写真撮りそびれた)

イベント参加した感想

気分が悪くなったり、負傷したりした場合に車でゴールまで連れていってくれるリタイアポイントが複数あったのが心強かったです。

語り部さんが休憩のたびに「気分悪くないですか~大丈夫ですか?」って全員の顔を見て言ってくれていたので
アカンかったらすぐに「もうアカン」って言える雰囲気でした。

あとAEDや救急セットを背負ったスタッフさんが居たこと、医療スタッフとして看護師さんが同行しているのでSOSを出しやすい環境。

語り部さんが絶妙なタイミングで休憩を挟んでくださったので
15kmの長丁場を最後まで歩けました!
(運動不足を自覚しているので途中リタイアもやむなしと思ってました)

和歌山県 高野山 環境保全トレッキング

万歩計が3万歩以上…!

筋肉痛にならないようお風呂でよくマッサージして寝たいと思います。

来月の参詣道環境保全トレッキングは2019年11月16日(土)

参加申し込みは2019年10月30日(水)なので興味のある方はぜひ!

世界遺産登録15周年・参詣道環境保全トレッキング(外部リンク)

※申し込みは先着順ではなく抽選です。

関連記事